Difference between revisions of "Channel:demand (日本語)"

(Created page with "{{newin (日本語)|0.9.0|090|type=関数}} チャンネルメッセージの値を回収してからメッセージキューを削除します。 メッセージの値...")
 
m
Line 2: Line 2:
 
チャンネルメッセージの値を回収してからメッセージキューを削除します。
 
チャンネルメッセージの値を回収してからメッセージキューを削除します。
  
メッセージの値には boolean, string, number, LÖVE の userdata または 単一の水平テーブルを使用できます。メッセージがキューに入るまで待機を行い入ったらメッセージの値を返します。
+
メッセージがキューに入るまで待機を行い入ったらメッセージの値を返します。
 
== 関数 ==
 
== 関数 ==
 
=== 概要 ===
 
=== 概要 ===
Line 11: Line 11:
 
なし。
 
なし。
 
=== 返値 ===
 
=== 返値 ===
{{param|value|value|メッセージの内容。}}
+
{{param|Variant|value|メッセージの内容。}}
 
== 関連 ==
 
== 関連 ==
 
* [[parent::Channel (日本語)]]
 
* [[parent::Channel (日本語)]]

Revision as of 17:49, 9 February 2017

LÖVE 0.9.0 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。

チャンネルメッセージの値を回収してからメッセージキューを削除します。

メッセージがキューに入るまで待機を行い入ったらメッセージの値を返します。

関数

概要

value = Channel:demand( )

引数

なし。

返値

Variant value
メッセージの内容。

関連



そのほかの言語