Difference between revisions of "Channel:demand (日本語)"

m
(translation updated.)
 
Line 1: Line 1:
{{newin (日本語)|[[0.9.0]]|090|type=関数}}
+
{{newin (日本語)|[[0.9.0 (日本語)|0.9.0]]|090|type=関数}}
 
チャンネルメッセージの値を回収してからメッセージキューを削除します。
 
チャンネルメッセージの値を回収してからメッセージキューを削除します。
  
Line 12: Line 12:
 
=== 返値 ===
 
=== 返値 ===
 
{{param|Variant|value|メッセージの内容。}}
 
{{param|Variant|value|メッセージの内容。}}
 +
 +
== 関数 ==
 +
{{newin (日本語)|[[11.0 (日本語)|11.0]]|110|type=異形}}
 +
=== 概要 ===
 +
<source lang="lua">
 +
value = Channel:demand( timeout )
 +
</source>
 +
=== 引数 ===
 +
{{param|number|timeout|最大待機時間。}}
 +
=== 返値 ===
 +
{{param|Variant|value|メッセージの内容、または nil ならタイムアウトによる待機時間切れです。}}
 
== 関連 ==
 
== 関連 ==
 
* [[parent::Channel (日本語)]]
 
* [[parent::Channel (日本語)]]
Line 22: Line 33:
  
 
== そのほかの言語 ==
 
== そのほかの言語 ==
{{i18n|Channel:demand}}
+
{{i18n (日本語)|Channel:demand}}

Latest revision as of 10:33, 21 June 2019

LÖVE 0.9.0 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。

チャンネルメッセージの値を回収してからメッセージキューを削除します。

メッセージがキューに入力されるまで待機を行い、入力後にメッセージの値を返します。

関数

概要

value = Channel:demand( )

引数

なし。

返値

Variant value
メッセージの内容。

関数

LÖVE 11.0 から使用可能
この異形は以前のバージョンでは非対応です。

概要

value = Channel:demand( timeout )

引数

number timeout
最大待機時間。

返値

Variant value
メッセージの内容、または nil ならタイムアウトによる待機時間切れです。

関連



そのほかの言語