Difference between revisions of "love.graphics.newFont (日本語)"

m (Translation updated.)
m
 
Line 1: Line 1:
 
TrueType フォントまたは BMFont ファイルから [[Font (日本語)|Font]] を新規作成します。この関数を同一引数で呼び出しても常に新しい Font オブジェクトが作成されるため、フォントのキャッシュは作成されません。
 
TrueType フォントまたは BMFont ファイルから [[Font (日本語)|Font]] を新規作成します。この関数を同一引数で呼び出しても常に新しい Font オブジェクトが作成されるため、フォントのキャッシュは作成されません。
  
全ての異形においてファイル名の代わりに [[Data (日本語)|Data]] オブジェクトを受け入れることができます。
+
全ての異形においてファイル名の代わりに [[Data (日本語)|Data]] オブジェクトを指定できます。
  
 
{{newobjectnotice (日本語)}}
 
{{newobjectnotice (日本語)}}
Line 21: Line 21:
 
=== 概要 ===
 
=== 概要 ===
 
<source lang="lua">
 
<source lang="lua">
font = love.graphics.newFont( filename, size )
+
font = love.graphics.newFont( filename, size, hinting )
 
</source>
 
</source>
 
=== 引数 ===
 
=== 引数 ===
 
{{param|string|filename|TrueType フォントファイルのファイルパス。}}
 
{{param|string|filename|TrueType フォントファイルのファイルパス。}}
 
{{param|number|size|フォントの大きさをピクセル単位で指定します。}}
 
{{param|number|size|フォントの大きさをピクセル単位で指定します。}}
 +
{{New feature (日本語)|0.10.0|
 +
{{param|HintingMode|hinting ("normal")|True Type のヒンティング方式。}}
 +
|100}}
 
=== 返値 ===
 
=== 返値 ===
 
{{param|Font|font|テキストを画面へ描画するときに使用する Font オブジェクト。}}
 
{{param|Font|font|テキストを画面へ描画するときに使用する Font オブジェクト。}}
Line 45: Line 48:
 
== 関数 ==
 
== 関数 ==
 
<source lang="lua">
 
<source lang="lua">
font = love.graphics.newFont( size )
+
font = love.graphics.newFont( size, hinting )
 
</source>
 
</source>
 
=== 引数 ===
 
=== 引数 ===
 
{{param|number|size (12)|フォントの大きさをピクセル単位で指定します。}}
 
{{param|number|size (12)|フォントの大きさをピクセル単位で指定します。}}
 +
{{New feature (日本語)|0.10.0|
 +
{{param|HintingMode|hinting ("normal")|True Type のヒンティング方式。}}
 +
|100}}
 
=== 返値 ===
 
=== 返値 ===
 
{{param|Font|font|テキストを画面へ描画するときに使用する Font オブジェクト。}}
 
{{param|Font|font|テキストを画面へ描画するときに使用する Font オブジェクト。}}
Line 75: Line 81:
 
{{#set:Since=000}}
 
{{#set:Since=000}}
 
== そのほかの言語 ==
 
== そのほかの言語 ==
{{i18n|love.graphics.newFont}}
+
{{i18n (日本語)|love.graphics.newFont}}

Latest revision as of 05:39, 5 July 2019

TrueType フォントまたは BMFont ファイルから Font を新規作成します。この関数を同一引数で呼び出しても常に新しい Font オブジェクトが作成されるため、フォントのキャッシュは作成されません。

全ての異形においてファイル名の代わりに Data オブジェクトを指定できます。


O.png この関数は love.update または love.draw などから繰り返し呼び出すと動作が重くなることがあります。もし、特定の資源を何度も使う必要がある場合は、一括で作成と格納を行うことで効率的に再利用できます!  


関数

BMFont または TrueType フォントの新規作成。

概要

font = love.graphics.newFont( filename )

引数

string filename
BMFont または TrueType フォントファイルのファイルパス。

返値

Font font
テキストを画面へ描画するときに使用する Font オブジェクト。

注釈

ファイルが TrueType フォントならば、大きさは 12 ピクセルになります。任意の大きさで TrueType フォントを作成するには後述の異形を使用してください。

関数

概要

font = love.graphics.newFont( filename, size, hinting )

引数

string filename
TrueType フォントファイルのファイルパス。
number size
フォントの大きさをピクセル単位で指定します。
LÖVE 0.10.0 から利用可能
HintingMode hinting ("normal")
True Type のヒンティング方式。

返値

Font font
テキストを画面へ描画するときに使用する Font オブジェクト。

関数

BMFont フォントの新規作成。

概要

font = love.graphics.newFont( filename, imagefilename )

引数

string filename
BMFont フォントファイルのファイルパス。
string imagefilename
BMFont 形式の画像ファイルへのファイルパス。この引数が省略された場合は、指定された BMFont ファイルの内部にあるものが使用されます。

返値

Font font
テキストを画面へ描画するときに使用する Font オブジェクト。

関数

インスタンスとして標準フォント (Vera Sans) の大きさを任意で指定したものを新規作成します。

関数

font = love.graphics.newFont( size, hinting )

引数

number size (12)
フォントの大きさをピクセル単位で指定します。
LÖVE 0.10.0 から利用可能
HintingMode hinting ("normal")
True Type のヒンティング方式。

返値

Font font
テキストを画面へ描画するときに使用する Font オブジェクト。

用例

newFont を使用して指定の大きさと書式でテキストを描画します

-- TTF ファイル形式のフォントを 20 ピクセルの大きさで新規作成します。
mainFont = love.graphics.newFont("anyfont.ttf", 20);
 
function love.draw() 
	-- 文字列の描画時に使用するフォントを設定します。
	love.graphics.setFont(mainFont);
	-- 任意の大きさを適用したフォントで &quot;Hello world!&quot; を左: 100, 上: 200 の位置へ描画します。
	love.graphics.print("Hello world!", 100, 200);
end;

関連


そのほかの言語