Difference between revisions of "love.graphics.newQuad (日本語)"

m
m (関連)
Line 42: Line 42:
 
* [[parent::love.graphics (日本語)]]
 
* [[parent::love.graphics (日本語)]]
 
* [[Constructs::Quad (日本語)]]
 
* [[Constructs::Quad (日本語)]]
 +
* [https://love2d.org/forums/viewtopic.php?f=4&t=1208 love.graphics.newQuad's reference height and width (LÖVEフォーラム)]
 +
 
[[Category:Functions]]
 
[[Category:Functions]]
 
[[Sub-Category::Object Creation (日本語)| ]]
 
[[Sub-Category::Object Creation (日本語)| ]]
 
{{#set:Description=[[Quad (日本語)|Quad]] を新規作成します。}}
 
{{#set:Description=[[Quad (日本語)|Quad]] を新規作成します。}}
 
{{#set:Since=000}}
 
{{#set:Since=000}}
 +
 
== そのほかの言語 ==
 
== そのほかの言語 ==
 
{{i18n|love.graphics.newQuad}}
 
{{i18n|love.graphics.newQuad}}

Revision as of 18:19, 19 September 2019

Quad の新規作成。

O.png この関数は love.update または love.draw などから繰り返し呼び出すと動作が重くなることがあります。もし、特定の資源を何度も使う必要がある場合は、一括で作成と格納を行うことで効率的に再利用できます!  


関数

概要

quad = love.graphics.newQuad( x, y, width, height, sw, sh )

引数

number x
Image における左上からの x-軸座標。
number y
Image における左上からの y-軸座標。
number width
Image における Quad の幅。 (必ず 0 以上にしてください)
number height
Image における Quad の高さ。 (必ず 0 以上にしてください)
number sw
Image の幅であり、基準の幅です。 (必ず 0 以上にしてください)
number sh
Image の高さであり、基準の高さです。 (必ず 0 以上にしてください)

返値

Quad quad
新規 Quad です。

注釈

Quad の目的は画像全体の描画とは対照的に、 断片的な画像オブジェクトの描画に使用することです。それはスプライト・シートおよびアトラスに対して最も有用です: スプライト・アトラスにおいて、多数のスプライトは同一画像内に存在しており、 Quad は画像から特定のスプライトを描画するために使用されます。アニメ化されたスプライトにおいて、全フレームが同一画像内に存在しており、 Quad はアニメーションから特定のフレームを描画するために使用されます。

用例

画像の一部を表示するために Quad を使用します:

img = love.graphics.newImage("mushroom-64x64.png")
 
-- 画像の左上 32x32 の四分区間のみを 
-- 表示したいとしましょう:
top_left = love.graphics.newQuad(0, 0, 32, 32, img:getDimensions())
 
-- そして左下をこちらへ:
bottom_left = love.graphics.newQuad(0, 32, 32, 32, img:getDimensions())
 
function love.draw()
	love.graphics.draw(img, top_left, 50, 50)
	love.graphics.draw(img, bottom_left, 50, 200)
	-- v0.8:
	-- love.graphics.drawq(img, top_left, 50, 50)
	-- love.graphics.drawq(img, bottom_left, 50, 200)
end

関連



そのほかの言語