Canvas:renderTo (日本語)

LÖVE 0.8.0 から使用可能
Framebuffer:renderTo から名称変更。

Canvas へ表示するために関数を使用します。

これは love.graphics.setCanvas への略記法であり、

canvas:renderTo( func )

は下記と同じです。

love.graphics.setCanvas( canvas )
func()
love.graphics.setCanvas()

関数

概要

Canvas:renderTo( func )

引数

function func
描画操作を行う関数。

返値

ありません。

用例

Canvas へ描画するために匿名関数を使用します

この用例では無作為に画面の左上端から下部へ赤線を大量に描画します。

local canvas = love.graphics.newCanvas()
function love.update()
    canvas:renderTo(function()
        love.graphics.setColor(love.math.random(255), 0, 0);
        love.graphics.line(0, 0, love.math.random(0, love.graphics.getWidth()), love.math.random(0, love.graphics.getHeight()));
    end);
end
 
function love.draw()
    love.graphics.setColor(255, 255, 255);
    love.graphics.draw(canvas);
end

関連


そのほかの言語