love.audio.newQueueableSource (日本語)

LÖVE 11.0 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。

Source:queue でのリアルタイム生成音声の再生用に Source を新規作成します。

O.png この関数は love.update または love.draw などから繰り返し呼び出すと動作が重くなることがあります。もし、特定の資源を何度も使う必要がある場合は、一括で作成と格納を行うことで効率的に再利用できます!  


関数

概要

source = love.audio.newQueueableSource( samplerate, bitdepth, channels, buffercount )

引数

number samplerate
再生時の秒あたりのサンプル数。
number bitdepth
ビット当たりのサンプル数 (8 または 16)。
number channels
チャンネル数 (1 はモノラル、 2 はステレオ)。
number buffercount (0)
Source:queue においてキュー (待ち行列) へ随時挿入できるバッファ数です。 64 以上は指定できません。値を指定しない場合は、実用的なデフォルト値 (~8) を選択します。

返値

Source source
Source:queue での使用に適した新規 Source を返します。

注釈

このコンストラクタへ指定する引数と Source:queue で用いる SoundData のサンプルレート、ビット深度、ならびにチャンネル数は必ず一致させてください。

関連


そのほかの言語