love.graphics.newScreenshot (日本語)

画面撮影したものを作成して画像データとして返します。

O.png この関数は love.update または love.draw などから繰り返し呼び出すと動作が重くなることがあります。もし、特定の資源を何度も使う必要がある場合は、一括で作成と格納を行うことで効率的に再利用できます!  


関数

概要

screenshot = love.graphics.newScreenshot( )

引数

なし。

返値

ImageData screenshot
画面撮影の画像データ。

関数

LÖVE 0.9.0 から使用可能
この異形は以前のバージョンでは非対応です。

概要

screenshot = love.graphics.newScreenshot( copyAlpha )

引数

boolean copyAlpha (false)
ImageData へ画面の透過チャンネルを含めるかどうか。 false であれば、画面撮影の透過成分は完全に不透明になります。

返値

ImageData screenshot
画面撮影の画像データ。

用例

画面撮影を新規作成してから保存先のディレクトリへ書きこみます。

function love.load()
    love.filesystem.setIdentity('screenshot_example');
end
 
function love.keypressed()
    local screenshot = love.graphics.newScreenshot();
    screenshot:encode('png', os.time() .. '.png');
end

関連



そのほかの言語