love.graphics.print (日本語)

画面へテキストを描画します。 Font を設定していない場合、必要ならば(一括で)作成と設定をしてください。

LÖVE 0.7.1 において、変換および尺度変更の関数でテキストを描画する場合、この関数では最初に尺度変更が発生するものとみなされます。スクリプト側で気を付けないと、テキストは正しい位置に表示されないか、恐らく画面に表示されません。

love.graphics.printlove.graphics.printf は UTF-8 文字コードに対応しています。また、特殊文字用の適切な Font が必要です。

バージョン 11.0 以前まで、配色成分における値の範囲は小数値の 0 〜 1 ではなく整数値の 0 〜 255 です。

O.png 非整数位置にピクセルを描画すると、テキストの表示がぼやけます。  

関数

概要

love.graphics.print( text, x, y, r, sx, sy, ox, oy, kx, ky )

引数

string text
テキスト文字列。
number x (0)
オブジェクトの描画位置 (x-軸)。
number y (0)
オブジェクトの描画位置 (y-軸)。
number r (0)
方向 (弧度)。
number sx (1)
尺度変更係数 (x-軸)。
number sy (sx)
尺度変更係数 (y-軸)。
number ox (0)
原点の支距 (x-軸)。
number oy (0)
原点の支距 (y-軸)。
LÖVE 0.8.0 から利用可能
number kx (0)
(せんだん)係数 (x-軸)。
number ky (0)
剪断係数 (y-軸)。

返値

ありません。

関数

LÖVE 0.10.0 から使用可能
この異形は以前のバージョンでは非対応です。

概要

love.graphics.print( coloredtext, x, y, angle, sx, sy, ox, oy, kx, ky )

引数

table coloredtext
色を記したテーブルおよび {color1, string1, color2, string2, ...} 形式でオブジェクトへ追加する文字列。
table color1
次回の文字列で使用する色のテーブルとして赤色、緑色、青色、および選択制の透過成分を {red, green, blue, alpha} 形式で記したテーブル。
string string1
以前の色により指定された色を有するテキスト文字列。
table color2
次回の文字列で使用する色のテーブルとして赤色、緑色、青色、および選択制の透過成分を {red, green, blue, alpha} 形式で記したテーブル。
string string2
以前の色により指定された色を有するテキスト文字列。
tables and strings ...
追加の色と文字列を続けて記します。
number x (0)
x-軸におけるテキストの描画位置。
number y (0)
y-軸におけるテキストの描画位置。
number angle (0)
弧度によるテキストの方向。
number sx (1)
x-軸の尺度変更係数。
number sy (sx)
y-軸の尺度変更係数。
number ox (0)
x-軸における原点の支距。
number oy (0)
y-軸における原点の支距。
number kx (0)
x-軸の剪断 / 斜行係数
number ky (0)
y-軸の剪断 / 斜行係数

返値

ありません。

注釈

love.graphics.setColor により設定された色はテキストの色と混合 (乗算) されます。

関数

LÖVE 11.0 から使用可能
この異形は以前のバージョンでは非対応です。

概要

love.graphics.print( text, transform )

引数

string text
テキスト文字列。
Transform transform
オブジェクトの変換。

返値

ありません。

関数

LÖVE 11.0 から使用可能
この異形は以前のバージョンでは非対応です。

概要

love.graphics.print( coloredtext, transform )

引数

table coloredtext
色を記したテーブルおよび {color1, string1, color2, string2, ...} 形式でオブジェクトへ追加する文字列。
table color1
次回の文字列で使用する色のテーブルとして赤色、緑色、青色、および選択制の透過成分を {red, green, blue, alpha} 形式で記したテーブル。
string string1
以前の色により指定された色を有するテキスト文字列。
table color2
次回の文字列で使用する色のテーブルとして赤色、緑色、青色、および選択制の透過成分を {red, green, blue, alpha} 形式で記したテーブル。
string string2
以前の色により指定された色を有するテキスト文字列。
tables and strings ...
追加の色と文字列を続けて記します。
Transform transform
オブジェクトの変換。

返値

ありません。

注釈

love.graphics.setColor により設定された色はテキストの色と混合 (乗算) されます。

用例

取るに足りない用例

function love.draw()
    love.graphics.setColor(0, 1, 0, 1)
    love.graphics.print("This is a pretty lame example.", 10, 200)
    love.graphics.setColor(1, 0, 0, 1)
    love.graphics.print("This lame example is twice as big.", 10, 250, 0, 2, 2)
    love.graphics.setColor(0, 0, 1, 1)
    love.graphics.print("This example is lamely vertical.", 300, 30, math.pi/2)
end

注釈

version 0.8.0 以前では、 love.graphics.print は最初の '\0' (ナル) 文字で処理を停止します。キーストロークの追加により文字列の形成するとき、 null バイトがある多バイト長 Unicode 特定文字列があると切断処理を行います。

関連


そのほかの言語