love.keypressed (日本語)

キーが押されたときに発生するコールバック関数です。

関数

LÖVE 0.10.0 から使用可能
この異形は以前のバージョンでは非対応です。

概要

love.keypressed( key, scancode, isrepeat )

引数

KeyConstant key
押されたキーの文字。
Scancode scancode
押されたキーを表すスキャンコード。
boolean isrepeat
このキー押し下げイベントを繰り返すかどうか。キーを繰り返す間の遅延間隔は利用者のシステム設定に依存します。

返値

ありません。

注釈

スキャンコードはキーボード配列に依存しないため、キーにどの様な刻印がされているか、あるいは利用者のオペレーティング・システムの設定に関係なく、米国配列のキーボードにある "w" キーと同じ位置にあるキーが押された場合はスキャンコードの "w" が生成されます。

キーリピートを有効にする必要があるときは love.keyboard.setKeyRepeat でキー押し下げイベントを繰り返し受け取れます。これは love.textinput の影響はありません。

関数

LÖVE 0.9.0 まで使用可能でしたが LÖVE 0.10.0 で廃止されました
この異形は以降のバージョンでは非対応です。

概要

love.keypressed( key, isrepeat )

引数

KeyConstant key
押されたキーの文字。
boolean isrepeat
このキー押し下げイベントを繰り返すかどうか。キーを繰り返す間の遅延間隔は利用者のシステム設定に依存します。

返値

ありません。

注釈

キーリピートを有効にする必要があるときは love.keyboard.setKeyRepeat でキー押し下げイベントを繰り返し受け取れます。

関数

LÖVE 0.9.0 から廃止
現在の Unicode テキスト入力は love.textinput を通して単独で扱われています。

概要

love.keypressed( key, unicode )

引数

KeyConstant key
押されたキーの文字。
number unicode
押されたキーの Unicode 番号。

返値

ありません。

用例

遊技者が Escape キーを押したときにゲームを終了するには、 love.event.quit を使用します。

function love.keypressed(key)
   if key == "escape" then
      love.event.quit()
   end
end

LÖVE 0.9.0 から廃止
テキスト入力は、以後 love.textinput を使用して個別に扱います。

利用者が書いたテキストの記録及び表示をします (LÖVE 0.8.0 以下)

function love.load()
    text = "Type away! -- "
end
 
function love.keypressed(key, unicode)
    -- 表示できない文字を無視する (http://www.ascii-code.com/ を参照)
    if unicode > 31 and unicode < 127 then
        text = text .. string.char(unicode)
    end
end
 
function love.draw()
    love.graphics.printf(text, 0, 0, 800)
end

関連



そのほかの言語