love.timer.getTime (日本語)

LÖVE 0.3.2 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。


無指定の開始時間から計測したタイマーの経過時間の値を返します。 タイマーの起動開始時間は検出できないため、この関数は区間差を計算するためだけに使用してください。

関数

概要

time = love.timer.getTime( )

引数

なし。

返値

number time
秒単位での時刻。

用例

経過時間の確認

local start = love.timer.getTime()
 
-- "bar" を 1000 回連結します。
local foo = ""
for _ = 1, 1000 do
	foo = foo .. "bar"
end
 
-- 結果として秒数の時差は異なります。値は 1000 を乗算することによりミリ秒で指定します。
local result = love.timer.getTime() - start
print( string.format( "It took %.3f milliseconds to concatenate 'bar' 1000 times!", result * 1000 ))

関連


そのほかの言語