sfxr.lua (日本語)



sfxr.lua はゲーム音声生成装置の純粋な Lua 移植版です。それは短い音声に対して十分高速に実行するか、または長い音声を事前生成します。

画面撮影物

これは単体ファイルのライブラリでありゲームにて定義された引数に基づき懐古的な効果音を動的生成できるようにします。さらに Löve Frames を基にした上記のデモ・アプリケーションが付属しています。

使用例 (キーを押す度に無作為に音声を再生します):

local sfxr = require("sfxr")
 
function love.keypressed(key, rep)
    local sound = sfxr.newSound()
    sound:randomize()
    sound:play()
end

ピックアップ/コイン、レーザ/シュート、爆発、パワー・アップ、ヒット/キズ、ジャンプおよびブリップ/選択の音声の全七種類の定義済み生成装置および無作為化および変化関数に対応しています。さらに原型となるシンセサイザーより基本的なエンベロープ、周波数変調、ビブラート、転調、平方比率スゥイープ、フェーザー効果、低域および高域パスフィルタおよび反復スゥイープを含む全ての引数に関しても引き継いでいます。

さらにデモ・アプリケーションにて Lua に基づいた形式またはオリジナルの sfxr バイナリ形式いずれかの音声を安全に設計することができます。もちろん、両方の形式とも読み込むことができます。

そのほかの言語