Difference between revisions of "(File):read (日本語)"

(Created page with "ファイルからバイト単位で読み込みます。 == 関数 == === 概要 === <source lang="lua"> contents, size = File:read( bytes ) </source> === 引数 === {{param|...")
 
m
 
Line 10: Line 10:
 
{{param|string|contents|指定されたバイトから読み込んだ内容。}}
 
{{param|string|contents|指定されたバイトから読み込んだ内容。}}
 
{{param|number|size|読み込んだ量をバイト数で返します。}}
 
{{param|number|size|読み込んだ量をバイト数で返します。}}
 +
 +
== 関数 ==
 +
{{newin (日本語)|[[11.0 (日本語)|11.0]]|110|type=異形}}
 +
ファイルの内容を文字列、または [[FileData (日本語)|FileData]] へ読み込みます。
 +
=== 概要 ===
 +
<source lang="lua">
 +
contents, size = File:read( container, bytes )
 +
</source>
 +
=== 引数 ===
 +
{{param|ContainerType|container|返値として返されるファイル内容の形式。}}
 +
{{param|number|bytes (all)|読み込む量をバイト数で指定します。}}
 +
=== 返値 ===
 +
{{param|value|contents|読み取ったバイトがある [[FileData (日本語)|FileData]] または文字列。}}
 +
{{param|number|size|読み込んだ量をバイト数で返します。}}
 +
 
== 関連 ==
 
== 関連 ==
 
* [[parent::File (日本語)]]
 
* [[parent::File (日本語)]]
Line 16: Line 31:
 
{{#set:Since=000}}
 
{{#set:Since=000}}
 
== そのほかの言語 ==
 
== そのほかの言語 ==
{{i18n|(File):read}}
+
{{i18n (日本語)|(File):read}}

Latest revision as of 04:31, 25 June 2019

ファイルからバイト単位で読み込みます。

関数

概要

contents, size = File:read( bytes )

引数

number bytes (all)
読み込む量をバイト数で指定します。

返値

string contents
指定されたバイトから読み込んだ内容。
number size
読み込んだ量をバイト数で返します。

関数

LÖVE 11.0 から使用可能
この異形は以前のバージョンでは非対応です。

ファイルの内容を文字列、または FileData へ読み込みます。

概要

contents, size = File:read( container, bytes )

引数

ContainerType container
返値として返されるファイル内容の形式。
number bytes (all)
読み込む量をバイト数で指定します。

返値

value contents
読み取ったバイトがある FileData または文字列。
number size
読み込んだ量をバイト数で返します。

関連


そのほかの言語