File (日本語)

ファイルシステムにあるファイルを提供します。 File はファイルパスを必要とする関数でも同様に扱うことができます。

コンストラクタ

love.filesystem.newFile (日本語) File オブジェクトを新規作成します。

関数

これらの関数は奇妙な場所に括弧が配置されています。この理由は File: 名前空間が Mediawiki により予約されているためです。

(File):close (日本語) ファイルを閉じます。
(File):eof (日本語) ファイル終端 (EOF : End-Of-File) まで到達したかどうかを取得します。 Removed in 0.10.0
(File):flush (日本語) バッファへ書き込まれて蓄積された全てのデータをディスクのファイルへ追い出します。 Added since 0.9.0
(File):getBuffer (日本語) ファイルのバッファモードを取得します。
(File):getFilename (日本語) File オブジェクトと共に作成されたファイル名を取得します。 Added since 0.10.0
(File):getMode (日本語) どの FileMode でファイルが開かれているか取得します。 Added since 0.9.0
(File):getSize (日本語) ファイルの大きさを返します。
(File):isEOF (日本語) ファイル終端 (EOF : End-Of-File) まで到達したかどうかを取得します。 Added since 0.10.0
(File):isOpen (日本語) ファイルが開かれているかどうか取得します。 Added since 0.9.0
(File):lines (日本語) ファイルの最終行まで全てイテレート(反復)します。
(File):open (日本語) 書き込み、読み込みまたは追記するためにファイルを開きます。
(File):read (日本語) ファイルからバイト単位で読み込みます。
(File):seek (日本語) ファイルの指定位置へ移動します。
(File):setBuffer (日本語) 書き込みまたは追記のために開いたファイルに対してバッファモードの設定を行います。 Added since 0.9.0
(File):tell (日本語) ファイルの位置を返します。
(File):write (日本語) ファイルへデータを書き込みます
Object:type (日本語) オブジェクトの種類を文字列形式で取得します。
Object:typeOf (日本語) オブジェクトが特定の種類かどうか確認します。

列挙型

BufferMode (日本語) File オブジェクトに対してバッファモードを指定します。 Added since 0.9.0
FileMode (日本語) 様々なモードでファイルを開くことができるようにします。

上位型

関連


そのほかの言語