HSV color (日本語)

HSV 色彩空間は人間の色の知覚方法に基づいたものであり、そして同様に、審美的な心地よさによる色彩変換を非常に簡単にします。

  • Hue (色相) は、どの色領域であるかを記述します。色相の拡大において、色は以下の順に遷移します:赤色、橙色、黄色、緑色、青緑色、青色、スミレ色、紫色、マゼンタ色、赤色。
  • Saturation (彩度) は色の鮮やかさを意味します。範囲は灰色から紫色までです。
  • Value (明度) は各色の量にて、画像の明るさどのくらいにするかを意味します。

この関数は HSV 値を RGB へ変換します:

-- HSV から RGB へ変換 (入力および出力の範囲: 0 - 255)
 
function HSV(h, s, v)
    if s <= 0 then return v,v,v end
    h, s, v = h/256*6, s/255, v/255
    local c = v*s
    local x = (1-math.abs((h%2)-1))*c
    local m,r,g,b = (v-c), 0,0,0
    if h < 1     then r,g,b = c,x,0
    elseif h < 2 then r,g,b = x,c,0
    elseif h < 3 then r,g,b = 0,c,x
    elseif h < 4 then r,g,b = 0,x,c
    elseif h < 5 then r,g,b = x,0,c
    else              r,g,b = c,0,x
    end return (r+m)*255,(g+m)*255,(b+m)*255
end

また、それが必要であれば、 GLSL 実装による同一関数があります:

    vec3 HSV(float h, float s, float v)
    {
    	if (s <= 0 ) { return vec3 (v); }
        h = h * 6;
    	float c = v*s;
    	float x = (1-abs((mod(h,2)-1)))*c;
    	float m = v-c;
    	float r = 0.0;
        float g = 0.0;
        float b = 0.0;
 
    	if (h < 1) { r = c; g = x;b = 0.0;}
	    else if (h < 2) { r = x; g = c; b = 0.0; }
	    else if (h < 3) { r = 0.0; g = c; b = x; }
	    else if (h < 4) { r = 0.0; g = x; b = c; }
	    else if (h < 5) { r = x; g = 0.0; b = c; }
	    else  { r = c; g = 0.0; b = x; }
 
    	return vec3(r+m,g+m,b+m);
    }

または空き領域を節約したい方々向けに(そして GPU にとって分岐条件は非常に効果であり、より良い性能を達成するために)、こちらに一行野郎があります:

vec3 hsv(float h,float s,float v) { return mix(vec3(1.),clamp((abs(fract(h+vec3(3.,2.,1.)/3.)*6.-3.)-1.),0.,1.),s)*v; }


そのほかの言語